新車で買うより中古車方が面白い

トヨタは世界で一番新車販売台数が多い自動車メーカーとして君臨しているわけですが、どうしてここまで売れるのでしょう。
それは車を極めるよりも販売を極めたからです。

最近のトヨタから販売される車のほとんどがほかの自動車で使った技術やパーツなどを組み合わせて作った雑種モデルであることがほとんどで、ボディやインテリア以外の部分では必ず「○○という車で使っていた・・・」ということでいわれるようなものばかりなのです。
性能的にその車専用に開発したものではないので性能をフルに発揮することができないばかりか、その性能すらも燃費向上という大義のもとにどんどんパワーダウンしているのです。
結果的に86も含めて面白車が皆無となってしまう、トヨタ車全体が総大衆車となってしまったのです。
それなら面白い車を求めるには中古車がいいということで、トヨタ車は中古車でも売れ行きがいいのです。

特に燃費が騒がれる前に生産されていたアルテッツァやカルディナ、セリカ、スープラ、MR-Sなどどのクラスでもとびっきりの楽しい車がたくさんあるのです。
特にあまりにも理想から離れすぎてしまった86を見た方は特にそう思ってしまうでしょう。

最近では新型スープラになるであろうモデルが各メディアで報じられていますが、確かにスペック的には優れていると思います。
しかし、日本人が求めているのはBMWとの共同開発で作られたという高級スポーツモデルなどではなく、だれもが気軽の購入できるようなスポーツモデルを求めているのです。
トヨタにしてみれば安いスポーツモデルを作ってちまちま設けるのではなく、レクサス店の車のようにちょっと高級感をあおって高級スポーツモデルとして販売した方が利益が高くなるのでしょう。
利益重視が車をダメにする、これが今のトヨタです。

ハリアー 値引き

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ