撥水加工も使いよう

雨の日の運転は視界が悪くとても疲れるものですが、それを少しでも軽減しようという事で撥水加工というものが使われています。
撥水加工というものは、表面張力を強化させることによって雨を水のタマにし、走行風の力でそれを吹き飛ばすことによってワイパーを多用しなくても良好な視界を確保しようというものです。
最近ではフロントガラスにその効果を持たせたガラスを標準装備する車もあり、だいぶ浸透してきたようです。撥水ガラスを持たない車でも撥水コーティングをすればどんな車でも撥水ガラスとすることができるのですが、この撥水コーティングは使い方によっては非常に危険なものとなります。
撥水コーティングは雨を転がりやすい玉状にし、それを走行風によって吹き飛ばすのが目的なのですが、まちがって走行風が当たりにくいサイドウィンドウやリヤウィンドウに施行してしまうと逆にその水玉が視界を遮ってしまい、ほとんどまともに見えなくなってしまいます。ひどい場合ではドアミラーのミラー面に撥水加工をしてしまい、雨の時にほとんど見えないなんて方もいるようです。
ドアミラーなど走行風が当たらない場所、サイドウィンドウやリヤウィンドウなど走行風が当たりにくい場所は、撥水ではなく親水加工を行う方がいいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ