バッテリーを自分で充電してみよう

自動車というものはガソリンだけあれば走れるというものではありません。エンジンを動かすにしても、スターターモーターやスパークプラグ、ECU、各電子制御部品などに電気が通っていなければエンジンはかかりません。
車のエンジンには、オルタネーターといわれる発電機が付いているのでエンジンが掛かってしまえば理論上、電気は賄えることになるのですが、エンジンが掛かる前に電気ない状態では、一生動くことはありません。そういう時のためにあるのがバッテリーです。
自動車で使う電気は12Vの直流で、乾電池と同じように「+」と「-」があります。「+」電源は直接電子パーツにつながれていますが、「-」はアースといってボディにつながっており、ボディの金属部分であればどこでも「-」が取れるようになっています。
この電気がエンジンスタートする前になくなっている、あるいは電力が足りないという状態のことを一般的に「バッテリーが上がった」といいます。この状態ではもはやエンジン始動は無理で、他の車とバッテリーをつないで始動することになります。
作業自体もかなり大袈裟なことになるので、バッテリーを充電するという形で克服しましょう。必要なものは自動車専用の充電器、バッテリーの端子を外して、そこに充電器のクリップを極性を間違わないように挟んで、後は充電器のスイッチを入れれば充電されます。数時間から半日以上の時間がかかりますので、出かけるときなどには必ず、前日にバッテリーのチェックをしたほうが良いでしょう。

外車買取

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ